• AYA ISOHATA

ようやく醤油搾り


去年仕込んでいた醤油もろみをようやく搾りました(^^)

本当は11月中旬には搾り時期になっていたのですが、他のことを優先していたらあっという間に12月中旬に…。

醤油屋さんのワークショップで仕込んだものが2つ、個人的に仕込んだものが2つあり、個人的に仕込んだ方が時期が早かったのでこちらから搾り始めました♪

搾り袋にもろみを少量入れて搾っていきました。

本当は、袋を吊り下げたりして自然にポタポタと醤油が落ちるのを待つのがいいのですが、吊り下げるところもないし、自然に落ちるのを待つのはものすごーく時間がかかるので、手でギュウギュウと搾っていきます(飛び散り注意☆)。

手で搾るのも、握力がなくなってくるし、なかなか量を搾れないし、袋が目詰まりしてくるし…で結構大変です(笑)。

1.2kgくらいのもろみの半分(弱?)くらいの量を搾りました。

ギュウギュウと搾っているので、大豆の脂分なども入り濁っています

(袋についていた醤油粕もポロリとちょっと入っちゃったりしますが、この後濾すので大丈夫です♪)

脂分が入っている超生搾りの醤油もいいですが、雑味でもあるので濾していきます。

コーヒーポット、ドリッパー、ペーパーフィルターをセットしたらそこに搾りたての醤油を注ぎます。

家にある道具を有効利用です♪

そうすると、キレイな醤油がポタポタと落ちてきます。

これまたかなり時間がかかるので、ラップをかけて冷蔵庫へ入れ1日程おいておきます。

ということで、今日はここまで(^^)

搾った後の醤油粕。

手搾りだとお味噌のようなゆるい醤油粕になります。

↑ちなみに、機械搾りだとこんな感じにパリパリになるくらい搾れます(^^)

手搾りで出てきた醤油粕だからこその楽しみは、醤油粕でつくる「漬け床」。

個人的にはぬか床より好きな醤油粕床です(*^^*)

今回は、醤油粕約250g程取れたのでもう少したまったら醤油粕床を作ろうと思います。

それまでは、ジップ袋に入れて冷凍保存しておきます(^^)

これから醤油搾りレポ、続くと思います(笑)。

いかんせん、4つももろみがあってそれぞれ1度に搾れないもので…。

おつきあいください~(^v^)

#発酵食料理教室綾糀 #綾糀 #醤油 #自家製醤油 #自家製発酵食 #醤油搾り #醤油粕 #全国料理教室協会 #発酵食品 #home