• AYA ISOHATA

ヒスタミン食中毒に要注意


ヒスタミン食中毒。

ヒスタミンを多く含む食材を食べることで、顔面の紅潮や頭痛、じんましんや発熱、嘔吐などが起こります。

ヒスタミンは、食品中に含まれるヒスチジン(アミノ酸の一種)が、ヒスタミン酸性菌の酵素によりヒスタミンに変えられることで生成されます。

ヒスタミンは加熱しても分解されないので、調理によって除去することができません。

つまり、一度生成されると食中毒を防げないということになるのです。

どんな時に、ヒスタミンが増えてしまうのかというと、常温に放置するなどの不適切な管理。

ヒスチジン(ヒスタミンの素)が多いのは、

マグロ、カジキ、カツオ、サバ、イワシ、さんま、ぶり、鯵など。

生のものだけでなく、加工品(魚のつみれ)などもです。

特に、エラや消化管にヒスタミン産生菌が多く存在するので、エラや内臓はなるべく早く取り除くことも対策のひとつです。

梅雨や真夏など食中毒に注意が行く時期は過ぎましたが、まだまだ注意が必要です。(食中毒は1年中注意です☆)

ちょっと涼しくなってきたから…と油断せず、魚など生ものを購入したら、必ず保冷材をもらい寄り道などせず早く帰ってすぐに冷蔵庫にいれましょう。

「火を通せば大丈夫」という加熱信仰を持ちそうになりますが、それもNG。

ヒスタミンは熱ではびくともしませんので、覚えておきましょう^^

#ヒスタミン食中毒 #食中毒 #home