• AYA ISOHATA

発酵ざんまいツアー@埼玉レポート①弓削多醤油


発酵ざんまいツアー@埼玉を開催致しました^^

1軒目は、木桶仕込みの醤油蔵、弓削多醤油さん。

まずは、醤油づくりについてのVTR試聴

この後に行く蔵見学では見られない工程もありますが、VTRで知ることができます。

お醤油がどのようにできるか、ざっくりとわかったところで、次は醤油蔵見学へ。

新桶のところも見学。

今年3月に2度目の仕込みが行われたまだまだ若い木桶です。

木桶に触れて、もろみも直接見られるとても貴重なチャンスでした。

ちなみに3月の時の仕込み直後のもろみがこちら。

そして、ツアー3週前(11月)に伺った時のもろみがこちら。

(今回写真を撮り忘れてしまったので、参考までに^^)

8ヶ月でこんなに色が変わります。

香りもすでにお醤油!

でも搾るのは数か月先。

そう。お醤油は自然の環境で作ろうとすると1~2年はかかるのです。

ちなみに、醤油もろみを搾ると出るのが、醤油粕

味見していいですよ、とのことで少量をいただきました。

旨味、塩味がいい感じ小麦由来の苦味もあります。

「これおつまみに飲めるね~!」

「(今日3軒目に伺う)長澤酒造さんに持って行って、試飲の時につまみたい(笑)」

という声が上がるのも納得。

こうした醤油粕は、このまま廃棄…されるのではなく、家畜用の飼料として有効活用されます。

大豆や小麦がたっぷり詰まった粕ですからね^^

とある所では、野菜を育てるのに土に少し混ぜたり

燃やすと熱が出やすいということで燃料に使われることも(炉が傷みやすいので今は少ないようです)。

蔵見学のあとは、醤油仕込み体験

お味噌を仕込んだことはあっても、お醤油は皆さん初めて。

弓削多社長が直々に、丁寧に教えて下さいました。

この日は水曜日で、出麹(=麹室からできた麹を出すこと)の日。

なんと、この日の朝できたての醤油麹で仕込ませていただきました♪

麹に手を入れると、ほんのり温かい…!

ぬくい麹に触れる機会なんて滅多にないことです。

香りもとてもいい麹。

どんなお醤油ができあがるでしょうか(*^^*)

この日から約1年各ご家庭でのお手入れが始まりました。

「1年!」と驚く方もいらっしゃいました。

大手メーカーでは、温度調整などをして3~6ヶ月で醤油が完成します。

つまり、天然醸造の1/4~1/2の期間でできるということです。

どちらが良い悪いということではなく、本来の造りを知り、自分でも作ってみることで

ありがたみがわかるのはもちろん、選択肢が広がるのではと思います。

醤油は日本を代表するなくてはならない調味料。

身近過ぎて気に留めたことがなかった方も、伝統製法に触れると新たな発見があるかもしれません(^^)

手作り醤油は弓削多さんからのお手入れ説明書付きで、安心です(*^^*)

\弓削多さんありがとうございました♪/

2軒目は、加藤牧場さんへ♪~つづく~

#home #発酵ざんまいツアー埼玉 #弓削多醤油 #FuncookingLab #醤油 #木桶 #見学 #大人のスタディツアー #発酵食料理教室綾糀AYANOKOJI