• AYA ISOHATA

【訪問】有機。木桶。世界に通用する品質。足立醸造@兵庫


兵庫県にある足立醸造さんでお祭があるということだったので、お邪魔してきました♪

(どこにでも行くな、おい。というお言葉ありがとうございます。)

足立醸造さんのある場所は、多可町というところ。

酒米の山田錦発祥の地だそうです。

(行って初めて知りましたー!)

足立さんの蔵の周りには、山田錦の稲がわんさか。

山もたくさん。のどか。

癒されますね(*^^*)

しかし、ゆっくりなどしていられない興奮すべきことがあるのですっ。

それは今回、足立醸造さんのお祭中に

木桶が製作されるということ!!

「せーの!」で竹箍を締めているところ。

息はピッタリです。

桶職人さん達は、お祭の数日前から現場入り。

1人でも多くの来場者の方々が木桶に触れられるように入念な段取りをし、

徐々に組み上げて行かれていました。

足立醸造さんでは、醤油と味噌を醸造されていて

今回初めて味噌用の木桶を発注されたとのこと。

(醤油はすでに木桶仕込み。)

歴史的なことです✨

小さなお子さんも、木桶にすごく食いついてほほえましかったです(*^^*)

来場された方々にも、竹箍をしめるのを手伝っていただいたり、

板と板の間にメッセージを書いていただいたり。

数えきれないくらいたくさんの人の手が加わって

足立醸造さんの木桶が組み上げられていきました。

工場長の足立裕さん。

とても重い大きな棒で底板を突き入れていきます。

完成した木桶の底板にも筆を入れます。

筆入れを見守る桶職人さん達。

そして、地元出身の書家・ごとうみのるさんも筆入れを。

書家・ごとうみのるさん。

ごとうさんの字は丸く柔らかく、温かみがあります。

芸術品のようになりました^^

筆入れが終わった木桶を眺める四代目の足立達明さん。

お祭期間中に、1本完成。

あと1本作って、計2本が味噌仕込み用桶として足立醸造さんに迎えられることになります。

気になる仕込みは、ちょうど1年後くらいとのこと。

たくさんの人が関わったこの木桶でつくられたお味噌が食べられるのは、

まだまだ先ですね~(*^^*)

お祭中は様々なイベントも行われていて

愛知・角谷文治郎商店さん

旅するパン屋・ヒヨリブロートさん

とのコラボイベントにも参加させていただき

醤油×本みりん×パン

という、とてもおもしろいお話を聞くことができました♪

そして、醤油蔵見学も。

蔵に入って驚くのが、ものすごくキレイ!!!ということ。

どこもかしこもピカピカで、原料1つ落ちていない。

木桶の周りもご覧の通りキレイ。

「掃除してきれいにしておくのは当たり前です。」

こうしたところにもこだわりを感じますね。

足立さん、新桶完成おめでとうございました♪

桶職人さん達と共に、2本目絶賛製作中だそうです。

最後まで怪我のないよう、頑張ってください(*^^*)

#足立醸造 #兵庫県 #多可町 #角谷文治郎商店 #ヒヨリブロート #ごとうみのる #木桶 #醤油 #味噌 #発酵食品 #司製樽 #桶光 #きしな屋 #home