非常食に乾物を

September 8, 2018

西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震。

大きな自然災害が立て続けに起こり、報道を見る度に心が締め付けられます。

 

亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また、ケガをされた方々の快復、被災された方々の日常が1日でも早く戻ることを願うばかりです。

 

 

北海道では今日中に停電が解消される見込みのようです(>>>朝日新聞デジタルより)。

 

 

停電後、傷みやすい生鮮食品から食べて行かれ、家にあった食料が少なくなってきている方もいらっしゃると思います。

物流の滞りや停電によりスーパーやコンビニが開いていても品物がなく買えないということもあると思います。

 

 

手っ取り早く食べられるおにぎりやパン、インスタント食品がごっそりなくなるということは東日本大震災の時にもありました。

 

もし、乾物が家にあるなら・手に入るなら、それを活用してみていただきたいです。

 

おにぎり、パン、カップラーメン、レトルトカレー…

すぐ食べられるもの、優れた非常食はたくさんありますが栄養が片寄りやすくもなり、便秘やダルさなど体の不調も出やすくなります。

 

でも「非常時にも体にいいものを」なんて気は回りませんので、「足りなくなりそうな栄養をとりあえず食べる」という感じで摂り入れていただければと思います。

 

 

 

 

 

<乾物一例>

■海藻類(わかめ、のり)

■たんぱく源(高野豆腐、お麩)…高野豆腐は小さくカットして売っているものがあるのでオススメ

■野菜、きのこ類(ねぎ、ほうれん草、なめこ、スライスしいたけ)

■味噌汁の具(わかめ、お麩、ねぎなどが合わさって販売されているもの)

■桜海老、煮干し、かつお節

■ごま   …etc

 

 

◎活用例◎

・インスタント味噌汁に、+わかめ・のり・野菜・お麩・高野豆腐・なめこ・しいたけ

・カップラーメンに、+のり・桜海老

・レトルトカレーに、+高野豆腐・ほうれん草(レトルトルーは具が少ないこともあるので、たっぷり入れるのオススメ)

・おにぎりに、+ごま

・ごはんを器などに入れ、+ごま・桜海老・野菜類、+塩、お湯で雑炊風に

 

もしちょっと余裕があったら手作り味噌汁も簡単にできます。

 

・コップやお椀に、味噌、かつお節(細かくなっているものオススメ)、↑好みの具材を入れてお湯を注ぐ。

 

 

上記の物は、お湯があれば簡単にできるものです。(おにぎり以外)

 

お水も手に入りにくいかもですが、停電でガスなら使えるという時にでも参考にしていただければと思います。

 

あと、少量のお水で、わかめや乾燥野菜を戻し、そこに+酢、砂糖、醤油をかけると酢の物ができます。

 

 

 

離れていても募金以外にもできることはないかと思い、書きました。

こんなことわかってるよって方もいると思いましたが、乾物の存在を忘れていたりすることもあるかなと思いまして。

 

 

北海道はこれから最低気温が15℃以下、10℃以下という日も増えてきます。

どうか体調には気をつけていただきたいです。

 

 

Please reload

RECENT POSTS

Please reload

About AYANOKOJI

Aya Isohata

Category